珈琲舎 あまんと

珈琲舎 あまんと

トップページ

推奨メニュー

メニュー

池田山の今

お問い合わせ

珈琲舎 あまんと

池田山の今



2017.6.9 アナベル/紫陽花。
アナベルの白い花がこんもり小山を作っています。
背丈1.5m位 梅雨の晴れ間に美しく揺れています。

アナベル/アメリカノリツキ アジサイ科アジサイ属
花言葉:『友情・団結・平和』&『無情・浮気』

 “茜さす昼はこちたしあぢさゐの
          花のよひらに逢ひ見てしがな”
この歌は、意味深だね〜。
2017.6.10 こちらもまもなく満開。
紫陽花の原種の一つ“ガクアジサイ”品種は70種もあるとか。青紫の額に囲まれた優しい花をを咲かせる準備でしょう、いっぱいの株に小さな蕾がこれでもかと待ち構えいます。今日一番を一つだけ。

花言葉:『謙虚』
(ホンアジサイのネガティブ言葉と違うんだne。)
安倍さんに贈りたい。
あべともの おわりはじまり かけにでる ぎわくますますふかまりぴんち
2017.6.11 ラベンダー/オカムラサキ。
北海道トミタファームでお馴染みのオカムラサキ4号でしょうか?早生系コモンラベンダーは花茎が長くリース作りにいいのでしょう(ショアップ・ファイブaで是非)

花言葉:『沈黙・あなたを待っています』
シソ科ラベンデュラ属

2017.6.17日 今日もいい天気。
空梅雨でしょうか、快晴が続きます。風がチリを吹き飛ばし御獄山が浮かんで見えます。
安倍友国会のデタラメさをを睨みつけるかのように。
(安倍よりゆりこかナって。)
2017.6.23日 梅雨の晴れ間。
三尺バーベナ/柳花笠:クマツズラ科クマツズラ属
細長い茎の上部に薄紫色の小さな花がいっぱい集まり涼しげに揺れています。南米の元有民族が儀式にこの枝を振り予言、呪術の聖なる媚薬として使用していたとか。

花言葉:『魅惑する・幸運』(バーベナは、神聖な枝の意)
2017.6.25 梅雨。
梅雨空を見上げては、御獄に目を凝らします。王滝村の地震は大丈夫でしょうか、地下のマグマが動き出してる。

店先の風船葛はどんどん育っています。
風船がもう、こんなに膨らんできました。種から育てると愛着ひとしおカナ。
2017.7.6 休日は、ひるがの。
庭のヤマボウシが真っ白な花をいっぱい着けています。台風3号の雨が森の木々の汚れを洗い流し今朝は、一段と清々しい。
ヤマボウシ/山法師:ミズキ科ミズキ属
      花言葉:『友情』
秋には、また赤いトロピカルフルーツのような甘い実をいっぱい付けけてくれるでしょう。
2017.7.6 牧歌の里は。
十数名の園芸農婦が夏の高原花畑の整備に大忙しの様子。
赤いサルビアの畝は、完了。
お隣の大根畑も10cm程の株が見事に生育しています。
高原の朝は、気持ちが洗われるようです。
2017.7.13 この季節は、西洋人参木。
蒸し暑い曇天の下爽やかなスミレ色のセイヨウニンジンボク(樹高2m)がお見事。長い穂の下から唇形花が順に咲き出します。
名前の由来は、葉が朝鮮人参に似ているからとか。
シソ科ハマゴウ属
花言葉:『思慕・純愛』
2017.7.14 曇天にアガパンサス(白)。
蒸し暑い梅雨の季節に涼感ただよう純白のアガパンサスが美しい。
ネギ科ともユリ科ともヒガンバナ科とも学術的分類も??!。

南アフリカ原産 アガパンサス/紫雲蘭
花言葉:『恋の訪れ・ラブレター・知的な装い』

2017.7.19 ひるがの大根。
休日はひるがの。
牧歌の里、お隣の大根畑は、二週間前は10cm程だったのにもう、こんなに育っています。真っ白な首が地中から覗いています。(大きくなれよ、美味しくなれよと、農夫の呟きが聞こえるようです)
2017.7.20 休日はひるがの。
牧歌の里は、いよいよ花ざかり。チューリップは終わり淋しかったお花畑も植栽が完了し、高原の夏を楽しませてくれます。牧歌トローリーバスのお客さんも楽しそうに皆さんニコニコです。
2017.7.28 夏といえば。
全国各地で競演の花火大会です、二十年前と比べるとその美しさは月とすっぽん。日本の花火師の技に感動します。
北の将軍様も打ち上げるものを三尺玉にすれば如何?!

宵々の花火になれて音をのみ(虚子)
2017.5.21 蔓バラカクテル/コクテール。
今日も30℃超えの一日、蔓バラ・カクテルもアンジェラも咲き始めました。
黄色と赤色の変化のグラデーションが美しい丸弁一重咲き。

花言葉:『愛・美・内気な恥ずかしさ・輝かしい』
2017.5.24 ラベンダーの季節。
ラベンダーファーム天岡さんが丹精こめて栽培された“オカムラサキ”が一斉に咲き始めました。暑い夏を越すのが難しいラベンダーが、毎年この時期癒しの香りで池田山麓を満たしてくれます。(TдT) アリガトウゴザイマス

花言葉:『あなたを待っています・期待・清潔・繊細』
   (悪い人には:沈黙、不信、疑いetcもあるのです)
2017.5.25 エゴノキの花。
雨上がりの朝お店前のエゴノキが白く可憐な花をいっぱい着けています。近づけばいい香りがしています、実は古くは石鹸の代わりにもなったとか。

エゴノキ科エゴノキ属/エゴノキ(チシャノキ)
実は、有毒エゴサポニンでえぐい味
木が大きくなれば将棋の駒に、藤井四段にちなんで藤井君
と呼ぼうかナ。
花言葉:『壮大』
2017.5.31 ほおの木の花。
ひるが野の庭先の朴の木を見上げれば真っ白な花が7〜8つ咲いています。高木と葉数の多いことから中々気づかないのですが7〜8枚の花びらの中央に紅色の雄しべ雌しべが見えます。
50cmもの大きな倒卵形の葉っぱが見事、今年もホウバ寿司の季節。
モクレン科モクレン属
花言葉:『誠意ある友情』
2017.6.1 ペンステモン爽やか。
気象予報士が亜熱帯日本となれば桜は咲かなくなるって言っていましたが高山で30℃超えとはね〜。

紫色の釣鐘形をした花が風に揺らいでいます。
ペンステモン/ツリガネヤナギ:オオバコ科イワグクロ属
(北米原産)
花言葉:『あなたに見とれています』
2017.6.3 蔓バラバレリーナ。
初夏の日差しに蔓バラバレリーナ(Ballerina)が清々しくいっそう爽やかに咲き誇っています。小さなポット苗も3年でここまで育ちました。
薄いピンクの外輪と中心部の白色がまさに清楚感いっぱい。

花言葉:蔓バラ:無邪気・爽やか・いつも美しい
バレリーナ:『やんちゃ』
2017.6.8 今年の猛暑もエコ対策。
夏の強い日差しに負けないエコカーテン、フウセンカズラを
店の入口に育てます。昨年、いっぱい着けた白いハート模様の種から育てた苗です。
蔓ヒゲは、どんどん伸び3mは行くでしょう、秋には、紙風船のような実をいっぱい付けて楽しませてくれます。




珈琲舎 あまんと
〒503-2429
揖斐郡池田町藤代字段1021-1
TEL 0585-45-1941
e-mail : amant_jmn@mm.visia.jp
Copyright(C) amant All Rights Reserved.