珈琲舎 あまんと

珈琲舎 あまんと

トップページ

推奨メニュー

メニュー

池田山の今

お問い合わせ

珈琲舎 あまんと

池田山の今



2017.2.16 大日岳は。
牧歌の里前からタカススノーパークを一枚。
昨日今日と連日の暖かさで積雪はどんどん解けています。
雪で覆われたダイコン畑ももうすぐ顔を出します。
2016.12.28 迎春の飾準備中。
毎年楽しみな、飛騨の“餅花”が届きました、早速飾付けの開始です。今年も素敵な餅花(よしの農園さん)に感謝です。ひと足早くお披露目ですyo。

『餅花やかざしに挿せる嫁が君 』芭蕉
(嫁が君:夜目君=ネズミだよね)
2016.12.28 迎春準備。
お店の入口にも“和モダン”の門松をっと。
なんだか来年は、☆ヽ(最´∀`高)ノ★の年になりそうな予感がします。
2017.1.1日 霞間渓寺 鐘撞
村人の除夜の鐘は、雨のせいか数人が撞く程の音が聞こえていましたが。元旦、鐘楼近くのギター侍蛮声張り上げお元気でよろし〜こと。思わず速鐘二つ(スカッ〜と)。
2017.1.1日 お正月飾。
新春飾・アレンジメントが届きました、大垣在住のガーディナーTさんの力作です。(人◕ω◕)ぁりヵゞdd♬
(毎度の感謝をリュウチェル風に)
2017.1.6 仕事始め。
あら楽しやな、鶴は千年の名鳥なり。亀は万年のよわいを保つ。鶴にも優れ、亀にも益ます、千代を経て、千代万代までも栄えくる。御年始めのあしたには、水も若やぎ、木の芽も生く、栄ゆる富がしきりに来る、祝の者と候ひける。
(三河万歳)
あまんとの神鶏は、珈琲豆食べ過ぎてオバマ大統領みたいになっちゃった。
2017.1.11 休日はひるがの。
昨晩降った雪は、積雪5cm余り。−12℃の寒波ではこんなものでしょう、スノーモービルはまだ始動できません。

お日様が差してきました、小鳥達が飛び交い出しきっと朝食探しでしょう。
2017.1.14 池田の里にも大雪
早朝より降り出した雪は、池田山麓一面を銀世界に変え久しぶりの雪かきです。積雪10cmとはいえ湿った雪は、
なかなか大変。

『朝ぼらけ有明の月とみるまでに
 吉野の里にふれる白雪(坂上是則)』
2017.1.17 ひるがのも大雪。
積雪120cm程でしょうか、寒気団も緩み気持ちいい程の快晴です。これから、雪下ろしの作業が待っています。命綱にポカリも持って屋根に上ります。
2017.1.18 大日岳は。
大日岳・タカススノーパークの外観は、こんなんです。
村人の冬期かき入れ時です。
白鳥の親父さんが歌っています、“黄金が空から降ってきた♫ 村が潤う子が育つ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦”だよね。
2017.1.22 千秋楽結びの一番が一番大事。
どうぞ、今日の結びで横綱を勝ち取れますように。
国技の大相撲には、東の日本人横綱が不可欠でしょう。

『初場所や 清めの塩と 稀勢の里 悔い無き土俵 横綱相撲』
2017.1.22 これぞ国技。
結びの一番・期待どおりの横綱相撲です。春場所は、稀勢の里関は、不知火型土俵入りでしょうか。
東の正横綱は、稀勢の里関に末永く君臨していただきたいものです。

後に続くのは、高安関、御獄海関と期待の若手の多いこと。
(今年最初の嬉しい出来事)
2017.1.25 休日は、ひるがの。
寒気団を心配して来たのですが雪かきの心配も無く好天に恵まれ積雪70cm程と森の日脚は確実に伸びています。
もうすぐ、立春。

2017.1.26 今日も快晴。
森の中を少しばかりパトロールして来ます。
静寂の森にRX−1の4サイクルエキゾースノートが軽快に響きます。
2017.1.28 今日は暖かい日です。
今日は旧元日、奈良公園若草山の野焼き日。
日脚は、伸び春はそこまで来ています。

立春大吉、左右対称、裏から読んでも“りっしゅんだいきち”厄除けのおまじない
『春たつといふばかりにやみ吉野の山もかすみて
今朝はみゆらん』
2017.2.6 立春すぎれば雛まつり。
USENプラネットの季節の音楽は、ひ〜なまつり雛祭り♪゚と流れていますが、辺りの梅花はまだの様子。

“梅が香を山ふところに吹きためて入りこん人にしめよ春風”(西行法師)
2017.2.8 ひるがの夜8:00。
さらさらとこな雪の降る音がします。日中の日差しで解けたはずが、もう真っ白です。

“いま一度化粧直しかささめ雪”
2017.2.9 雪の降る夜は。
寒い一日です、大陸から−42℃もの大寒波が来るようです。この冬一番の大雪になりそうな気配。
何だかひるがのの方が“あったかい”
2017.2.11 この冬5回目の雪。
山陰地方は、積雪1mもの大雪のニュース、池田は牡丹雪が降り続いています。池田山麓茶畑はもう真っ白、明朝は雪かきからお仕事かなぁ!
2017.2.13 いよいよ梅の花。
顔を寄せればなんといい香りでしょう。
ようやく咲きだした梅の香が如月の青空に漂います。

『人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける』紀貫之




珈琲舎 あまんと
〒503-2429
揖斐郡池田町藤代字段1021-1
TEL 0585-45-1941
e-mail : amant_jmn@mm.visia.jp
Copyright(C) amant All Rights Reserved.