珈琲舎 あまんと

珈琲舎 あまんと

トップページ

推奨メニュー

メニュー

池田山の今

お問い合わせ

珈琲舎 あまんと

池田山の今



2019.12.3 アンジェラ。
冬枯れの寂しい庭にピンクの薔薇が色を添えています。
つるバラ・アンジェラの返り咲きです。

花言葉:「一時の感銘・上品・愛を持つ・しとやか・美しく上品な少女」
2019.12.6 ChristmasWreath。
今年も大垣のガーディナーTさんの力作リースが届きました。早速、飾らせていただきます。心のこもったリースです感謝です。
はじめも終わりもなく「生命や幸福がいつまでも続くように」という願いが込められています。花言葉は正に「永遠」でしょうか。
2019.12.11 白山。
ひるがのの帰途、西方の山脈を見れば霊峰白山がまだまだ少ない冠雪の姿を見せています。今日も11月中旬の気温とかで暖かくおそらく正月明けに大雪となるのでしょう。

白雪のふりてつもれる山里は すむ人さへや思ひきゆらむ
(壬生忠岑)
2019.12.12 令和元年最後のコールドムーン。
今年の漢字は、“令”今年最後の満月もどんどん壊れていく記憶の中で残します。

「東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」
 柿本人麻呂
2019.12.17日 シクラメン。
別名でブタノマンジュウとも呼ばれるって(ノ∀`)。冬の季節には、鉢植えのシクラメンが定番。

サクラソウ科: シクラメン属
花言葉:「遠慮・気後れ・内気・はにかみetc」
花の色別では:赤色「嫉妬」白色「清純」。
2019.12.18 師走のビオラ。
植え替えられた店先のビオラが昨夜の雨に濡れて生き活きとしています。(にしても、あったかすぎるナ〜)

花言葉:「ささやかな幸せ ・田園の喜び」
2019.12.18 もうすぐChristmas。
日本人の好い加減さが素晴らしい、仏教徒になったり神道になったりでEasterはお祝いしないな〜。
初詣は、paypayでお賽銭どうするのでしょう?!。
2019.12.25 休日は、ひるがの
昨日も今日も快晴。
暖かい年の瀬にゲレンデは人工雪づくりの日々。
ひるがのの積雪は森の中に2cm程と極少。
早朝のバケツの水は1cm厚の氷が張り少し冷えています。
2020.1.1 令和二年元旦。
今年も届きました、家内の友人のTさんからあまんと新春飾り
です。年の初めに相応しいアートフラワー、有り難く頂戴します。

「むつき立つ春の初めにかくしつつ 相し笑みてば時じけめやも」
2020.1.15 睦月暖冬のひるがの。
2002年から数えて初めて積雪3cmといった少なさ、例年1mは積もっているはずなのに・・。薪を焚けば部屋すぐに暖かくなります。

梅がもう咲いたって昨年よりも19日も早くらしい。(何だかナ〜)
春さればまず咲くやどの梅の花独り見つつや春日暮らさむ
2020.1.20 本当に変だyo。
今日は大寒、雪の下から蕗の薹が・・なんて言うのはどこのお話だっけ?!この冬一度も里に雪は降らず山麓の畑にはタンポポが咲いているのって何だかナ〜。
せめて立春まで待ちなヨって。
2020.1.28 咲きだしました梅の花。
梅の香が漂います、見上げれば一輪、また一輪と。

「朝あけの窓吹きいるる春風にいづくともなき梅が香ぞする」
(二条為世)
2020.1.28 久々に笑えました。
どうでもいい横綱は、いなくてもいいのでは、と。

「幕尻もまさる力が男泣き」(生實)
2020.2.3 節分 。
こんな豆まきならあやかりたいってか。

“節分や鬼もコロナも追い払え”
2020.2.4 休日はひるがの。
ひるがのはいいお天気、積雪は森の中に所々2cm程といったところか。西日本一を謳うタカススノーパークも泣いています。
2020.2.9  これは、大きくて美しい。
Pm17:25東の空に月が上ります、Kayの散歩帰りに美しい月(月齢15.2)を一枚。

「空はなほ霞みもやらず風さえて
         雪げに曇る春の夜の月」
2020.2.11 もうすぐ上巳の節句(雛祭りの正式名称)。
節分過ぎればひな祭り、とあっという間に時は過ぎていきます。(野村監督も逝ってしまった、・・)

「み雪降る冬は今日のみ鴬の
      なかむ春へは明日にしあるらし」 (三形王)



2019.11.14 休日はひるがの。
例年よりも遅い秋に自慢の紅葉は今一、それでも高原の晩秋は見頃でしょう。

山川に 風のかけたる しがらみはながれもあへぬ もみぢなりけり(春道列樹)
2019.11.15 初冬の御嶽山。
いよいよ木枯らしの季節となります、東方にそびえる御嶽山が冠雪をいだき一際神々しさを増してきました。
2019.11.26 ようやく紅葉 。
店先の紅葉がようやく色づいて来ました。今年ももうすぐカウントダウンだというのに・・。

奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋は悲しき(猿丸大夫)






珈琲舎 あまんと
〒503-2429
揖斐郡池田町藤代字段1021-1
TEL 0585-45-1941
e-mail : amant_jmn@mm.visia.jp
Copyright(C) amant All Rights Reserved.